埼玉第一法律相談シリーズ①離婚原因その3~悪意の遺棄~

「法律上の離婚原因悪意の遺棄というのがありますが、これはどのようなことを意味するのですか。」「生活費をきちんと入れてもらえないのだが、これは遺棄ではないですか。」

 というようなご質問を受けることがあります。

 たしかに「悪意の遺棄」という文言だけでは、具体的にイメージしにくいですね。

 夫婦には、同居し、協力して共同生活を行っていくべき法律上の義務がありますので、それを前提に夫婦間での「遺棄」ということを捉えると、ここでの遺棄とは夫婦共同生活を行わないことを意味します。

また、悪意は、一般的には人を憎み、害を加えようとすることを示しますが、ここでは夫婦共同生活を廃絶しようと積極的に企図することやそれを容認することを意味します。

 つまり、夫婦共同生活を失わせることを意図しつつ自ら配偶者や子を捨てて家出したり、相手方を暴力や虐待により家を追い出すなどして、夫婦の同居、協力義務をはたすことができない状態にすることです。

 このような状態になれば、当然、夫婦関係を破綻させたものと判断されるために、法律上の離婚原因となっています。

 裁判例では、半身不随の妻を置き去りにして家を出て、長期間生活費を送らなかったという事案や出発予定や行き先も告げず、その後の生活方針についての話も何らしないままに妻子を置いて遠方に家出したという事案が悪意の遺棄として認められているようです。

 以上の例からも明らかなように、「悪意の遺棄」は、かなり悪質な程度のものと一般的に考えられています。

 なお、同居義務があるからといって、夫婦の一方が相手方からの暴力や不貞などのために同居に耐え切れず別居したとしても、同居を拒否することに正当な理由があるのですから、悪意の遺棄と判断されることは考えにくいです。

 また、悪意の遺棄とまでいえないとしても、生活費を十分に負担しないことや家庭を顧みずに別の異性に入れ込んで家をあけることが多いというような事情などにおいて離婚原因を争う場合、一般的には、併せて「不貞」や「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるということを主張することが多いので、そちらの方で、離婚が認められる可能性もあります。

 したがって、相手方の行為が、なんら理由なく同居・協力義務に反し、婚姻関係を破綻させるものであって、配偶者や子の生活環境を脅かす状況であることを具体的に主張して、「悪意の遺棄」や「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして離婚を求めることになります。もちろん、克明に事実を主張できるようにできるだけ記録に残すなどして証拠化することが望ましいところです。

法律相談のご予約

24時間メールフォームにて受け付けております。

  • 土日・祝日・時間外相談可
  • お急ぎの方は可能な限り当日相談可

初回30分無料相談のお申込み

TEL:048-783-2136

メールフォームでのお申込み