有責配偶者 [ゆうせきはいぐうしゃ]

夫婦関係の破綻の原因を作った配偶者のことをいいます。たとえば、不貞行為をして夫婦関係を壊した配偶者は、有責配偶者にあたります。
裁判上、有責配偶者からの離婚請求は、原則として認められません。もっとも、有責配偶者であるからといって離婚は絶対できないというわけでもありません。
(1)別居期間の長さ、(2)未成熟子 (親から独立して生活できない子)の存否、(3)離婚して他方配偶者が苛酷な状態にならないかといった事情を総合的に考慮して、有責配偶者からの離婚を認める場合があります。
また、夫婦の両方が有責配偶者であり、夫婦関係が既に破綻している場合、離婚は認められます。

法律相談のご予約

24時間メールフォームにて受け付けております。

  • 土日・祝日・時間外相談可
  • お急ぎの方は可能な限り当日相談可

初回30分無料相談のお申込み

TEL:048-783-2136

メールフォームでのお申込み