嫡出否認の訴え [ちゃくしゅつひにんのうったえ]

嫡出推定制度によって、夫との親子関係が推定されている子ども(推定される嫡出子)について、夫が自分の子どもではないと裁判を起こすことをいいます。
嫡出否認の訴えができるのは、推定される嫡出子を出産した母親の夫だけであり、他の者は訴えることができません。訴えの相手方は推定される嫡出子あるいは推定される嫡出子の親権を持つ母親になります。
嫡出否認の訴えは、夫が子どもが生まれたことを知った時から1年以内にしなければなりません。また、夫が、子どもが嫡出子であることを承認した場合には、たとえ夫が子どもが生まれたことを知った時から1年以内であっても、嫡出否認の訴えを提起することができなくなってしまいます。

法律相談のご予約

24時間メールフォームにて受け付けております。

  • 土日・祝日・時間外相談可
  • お急ぎの方は可能な限り当日相談可

初回30分無料相談のお申込み

TEL:048-783-2136

メールフォームでのお申込み