準正 [じゅんせい]

婚姻関係にない父母から生まれた子ども、すなわち非嫡出子が、嫡出子としての身分を取得することをいいます。嫡出子とは、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものことをいいます。
準正には、父が認知した後にその父母が婚姻することによって嫡出子の身分を取得する婚姻準正と、婚姻中に父母が認知することによって、嫡出子の身分を取得する認知準正とがあります。非嫡出子は、嫡出子の2分の1の相続分しかありませんが、準正によって嫡出子と同等の相続を受けられることになります。

法律相談のご予約

24時間メールフォームにて受け付けております。

  • 土日・祝日・時間外相談可
  • お急ぎの方は可能な限り当日相談可

初回30分無料相談のお申込み

TEL:048-783-2136

メールフォームでのお申込み