実質的共有財産 [じっしつてききょうゆうざいさん]

名義上は一方配偶者に属するが、夫婦が協力して得た財産をいいます。たとえば、婚姻期間中に夫婦の一方の名義で取得した不動産がこれにあたります。
財産分与の対象となる財産は、夫婦の共有財産であり、民法上は、「婚姻中自己の名で得られた財産は夫婦の共有財産ではない」と規定されています。しかし、財産分与の第一次的考え方は、夫婦が協力して得た財産はその寄与度に応じて清算するというものですから、実質的共有財産も財産分与の対象となります。

法律相談のご予約

24時間メールフォームにて受け付けております。

  • 土日・祝日・時間外相談可
  • お急ぎの方は可能な限り当日相談可

初回30分無料相談のお申込み

TEL:048-783-2136

メールフォームでのお申込み