共有財産 [きょうゆうざいさん]

夫婦が婚姻中に協力して築き上げてきた財産分与の対象となる財産のことをいいます。財産分与の対象となる共有財産かどうかについては、財産の名義によって判断するのではなく、婚姻中に協力して築き上げたものかどうかという観点から判断します。
たとえば、夫婦の婚姻中に不動産を取得した場合には、登記簿上、夫の単独名義になっていたとしても、夫婦の共有財産であり、財産分与の対象となります。
他方、婚姻する前から有している財産、また、婚姻中に取得した財産であっても、相続により取得した財産については、夫婦の協力により築き上げたものとはいえないため、財産分与の対象にはなりません。

法律相談のご予約

24時間メールフォームにて受け付けております。

  • 土日・祝日・時間外相談可
  • お急ぎの方は可能な限り当日相談可

初回30分無料相談のお申込み

TEL:048-783-2136

メールフォームでのお申込み