監護権 [かんごけん]

子どもを養育監護する権利義務のことをいいます。本来は、親権の中に監護権が含まれ、親権と監護権は一致することが望ましいといえますが、例外的に監護と親権を切り離して、監護者と親権者を別個に決めることもできます。
親権者監護権者を分けた場合、親権者は主に子の財産管理の権利を有し、監護権者は主に子の心身の成長のための教育・養護の権利を有することとなります。
親権者については、離婚時に定める必要がありますが、監護権者についてはこの限りではありません。監護権者は、父母の協議のみで指定することができ、協議がまとまらない場合は調停・審判で解決を図ることとなります。

法律相談のご予約

24時間メールフォームにて受け付けております。

  • 土日・祝日・時間外相談可
  • お急ぎの方は可能な限り当日相談可

初回30分無料相談のお申込み

TEL:048-783-2136

メールフォームでのお申込み