顧問契約

顧問契約のご案内

埼玉第一法律事務所と顧問契約をするメリットはどのようなものでしょうか。

次の3つと考えます。

  1. ローコスト法務部門の設立(アウトソーシング)
    顧問契約をしていただきますと有資格者つまり弁護士の法務部員を確保することができます。社内に有資格者を採用するのと異なり、社会保険等のコストをかけず、法務部門を設けることができるとお考えいただけるのではないかと思います。

  2. 予防法務の徹底(損失リスクの低減化)
    予防法務の徹底を図り、そもそも、係争事件となることを未然に防止することが可能です。契約書のチェックから、事故発生時の初期対応等により損失リスクを軽減することが可能です。

  3. 弁護士費用の一定化(ローコスト化)
    顧問契約内容に含まれる内容証明郵便の発送、簡易な交渉等は別途費用が発生しません。また、顧問契約後は通常事件の費用も減額しております。

埼玉第一法律事務所の顧問契約の特色はどのようなものでしょうか。

顧問契約会社数を50社に限定し、迅速対応、顧問先会社様のニーズに合致した法的サービスを提供することです。また、所属弁護士は全員一定程度の経験を有し、例えば、入所したばかりであるとか、経験値が低い弁護士が法律相談を担当することはございません。

埼玉第一法律事務所に顧問契約をお願いする場合、得意とする分野はあるのでしょうか。

いわゆる企業法務全般について一定の水準は確保しておりますが、特に経験が豊富な分野は不正競争防止法、商標関係、店舗内トラブル、不動産関連(店舗賃貸借契約、マンション関連)となります。特に建物明渡請求関連事件については、各弁護士とも相当数の経験があるため、迅速処理が可能です。

現在、顧問契約中の弁護士は連絡が取れなかったりするのだけどそういうことはありませんか。

埼玉第一では、そのようなことがないように担当弁護士がダイレクト対応を原則としております(メールによる場合)。また、法律相談等は24時間以内に回答(中間的なコメントも含む)するようにしております。

法律相談をするのに会社の方まで来てくれるのでしょうか?

埼玉第一では、案件に応じてということになりますが、顧問契約をしていただいている会社様にお邪魔しての打ち合わせを積極的にしております。事件の現場等にも積極的に出向き、「現場主義」を徹底していますので、本社での打ち合わせ等についてご遠慮なくご申し出下さい。

相談する案件がないときや事件がないときは何をしてくれるのでしょうか?

顧問契約先の会社様の業種に応じて法改正などの法律情報をご提供したり、法的なトピックスを「第一レポート」として提供させていただいたり、従業員様向けの出張法律相談会などを開催させていただいております。

弁護士というのはいざというときのために必要で、普段から頼むほどのことはないと思うのですが、どうでしょうか。

はい、確かに、事件の時にご依頼をいただくということでも大丈夫とも考えられます。これは、保険と同じようにお考えいただければいいのではないかと思います。つまり、保険をかけるかかけないかという観点から、顧問料という保険料を負担したまで「いざというときに弁護士を確保しておくか」ということではないかと考えます。

弁護士インタビュー(顧問契約)
・・・(略)レスポンスのスピードを維持するためには、当該分野の経験値、弁護士としての職務経験が不可欠です。・・・(略)その予防をするということは、臨床の経験、つまり、実際の事件の経験がなければ難しいといえます。インタビューの続きはこちら

法律相談のご予約

24時間メールフォームにて受け付けております。

  • 土日・祝日・時間外相談可
  • お急ぎの方は可能な限り当日相談可

初回30分無料相談のお申込み

TEL:048-783-2136

メールフォームでのお申込み