遺産分割審判[いさんぶんかつしんぱん]

家庭裁判所の審判官(裁判官)が、遺産の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して、各相続人の相続分に反しないよう分割方法を決定します。 当事者の合意がなくとも、分割方法が決定されます。
もし話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には、自動的に審判手続に移行し、裁判官が、調停で出された資料等一切の事情を考慮して、審判をすることになります。

法律相談のご予約

24時間メールフォームにて受け付けております。

  • 土日・祝日・時間外相談可
  • お急ぎの方は可能な限り当日相談可

初回30分無料相談のお申込み

TEL:048-783-2136

メールフォームでのお申込み